東方正教会の歴史 History of the Eastern Orthodox Church

http://cominghomeorthodoxy.wordpress.com

COMING HOME – ORTHODOXY

SPRING-MOUNTAIN-1920x1080

3a64786c88f7d4998f2246d16baeef33

東方正教会の歴史

History of the Eastern Orthodox Church

 

1 初代教会

正教会の歴史を説明するには、最初にハリストス(キリスト)とその弟子たちについてふれなければなりません。正教会は、ハリストス(キリスト)によって作られた教会そのものなのです。ハリストス(キリスト)は、十字架にかかり、死に、そして復活した後、昇天されました。そしてこの世の終わりに光栄のうちに再び来られます(「再臨」という)。このハリストス(キリスト)の昇天と再臨の間の期間のために、ハリストス(キリスト)は私たちに「教会」を与えられました。

「教会」はギリシャ語で「エクレシア」と言います。これは「呼び集められた者の集まり」という意味をもつ言葉です。つまり「教会」とは、この世においてそして天国において神の言葉を守り、神の御旨と業を行うために招集された神の民の集まりです。

ハリストス(キリスト)は、凡そ30才の時に公に人々の前に現れ、神の国を教え、やがて十字架と復活という救いの業をなされました。このことを「公生涯」と言います。歴史的に言えば、ローマ皇帝ティベリウス在位(紀元後14~37年)の時代です。
ハリストス(キリスト)はその「公生涯」の最初から弟子たちをご自分のそばに招きよせました。弟子たちは次第に増えていき、その中から特別に12人を選びました。それが「十二弟子」とか「十二使徒」と呼ばれる人たちです。ハリストス(キリスト)は、単なる「教えの言葉」を与えるだけではなく、神の国の体験、人としての正しい生き方、正しい信仰を、生活をとおして伝授するために十二弟子を選ばれたのです。弟子たちはハリストス(キリスト)を見、聞き、触れ、生きた交わりをした人たちでした。そして彼らはハリストス(キリスト)の「復活の証人」となりました。

弟子たちのもとへ聖神(せいしん)が降臨した時、彼らはハリストス(キリスト)の教えの意味、十 Continue reading “東方正教会の歴史 History of the Eastern Orthodox Church”

豊橋ハリストス正教会・聖使徒福音記者マトフェイ聖堂 St. Matthew the Evangelist Orthodox Church in Toyohashi, Japan

http://havefaithorthodoxy.blogspot.com

HAVE FAITH – ORTHODOXY

豊橋ハリストス正教会・聖使徒福音記者マトフェイ聖堂

St. Matthew the Evangelist Orthodox Church in Toyohashi, Japan

問い合わせ
〒440-0806 愛知県豊橋市八町通り3丁目15、 Tel.0532-54-0434
Haccho-dori 3-15, Toyohashi, Aichi
1875年開教。現聖堂は1913年建立。設計河村伊蔵、国指定重要文化財。

アクセス、豊橋市電、市役所前下車。徒歩3分。
管轄司祭 イサイヤ 酒井以明
電子メール spnova@mx3.tees.ne.jp

╰⊰¸¸.•¨*

http://orthodox-jp.com

http://orthodox-jp.com/westjapan/churchlist.htm

西日本主教区各地の教会

十字架 – 聖なる火 – 聖墳墓教会 Crosses & Holy Fire, 2015 ╰⊰¸¸ •¨* ビデオ Video

http://orthodox-heart.blogspot.com

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

ORTHODOX HEART

十字架 – 聖なる火 – 聖墳墓教会 Crosses & Holy Fire, 2015