アラスカの聖インノケンティ – Saint Innocent of Alaska (+1879)

http://alaskaofmyheart.wordpress.com

ALASKA OF MY HEART

アラスカの聖インノケンティ

Saint Innocent of Alaska (+1879)

アラスカのインノケンティ(1797年8月26日 – 1879年3月31日)は、正教会の主教であり聖人(成聖者)。

アレウト語(Aleut language)の表記法も考案し翻訳を行いつつアラスカとシベリアへの宣教を行った事から、「北米の亜使徒」「アラスカとシベリアの光照者」との称号が付される事がある。晩年にはモスクワ府主教も務めた。

同名人物との区別の際、地名・尊称のほか、姓であるヴェニアミノフ も用いられる。

日本の函館を訪れた事があり、日本で初めて主教祈祷による聖体礼儀を行った人物でもある。また、日本の亜使徒聖ニコライとニコライエフスクと函館で会っており、ニコライに日本語学習に専心するよう指導した。

生涯

幼年 – 青年時代

1797年8月26日にイルクーツク州アンギンスコエ村 に生まれる。俗名はイヴァン・エヴセエヴィチ・ポポフ。後に司祭となった際の名として記述される「イオアン・ヴェニアミノフ」の「イオアン」は、ロシア語表記「イヴァン」の、教会スラヴ語再建音によるものである。

1807年にイルクーツク神学校に入学。1817年の卒業前に結婚し、輔祭となってイルクーツクの生神女福音聖堂に奉職。1818年に神学校を卒業すると、教会学校の講師に任じられ、1821年には同教会の司祭に任じられる。1823年までの短い任であったが、人々の尊敬と信頼を得ていたと伝えられる。

アラスカ宣教・アレウト語による翻訳と執筆

1823年5月7日、新しい任地であるアリューシャン列島の島、ウナラスカに向かってイルクーツクを出発するが、交通機関の発達していない当時、旅は困難を極め、目的地であるウナラスカについたのは翌1824年7月29日のことであった。

到着してからまず聖堂を建てるが、大工としての才能もあったイオアン(インノケンティ)は原住民に建築を指導しつつ、自らも工事に参加。『主の昇天聖堂』が完成する。

また、アレウト語(Aleut language)を学んだ。当時文字を持たなかったアレウト語にアルファベット表記法を考案。正教要理、福音書をアレウト語に翻訳。『天国への道しるべ』(”A Directive of the Way to the Kingdom of Heaven”)もアレウト語で書いた。

管轄していた教区は広大であり、その宣教・指導には大変な困難があった。島から島へと、バイダルカと呼ばれるカヌーで海峡を横断して管轄区を回ったが、そのカヌーは一人が座るのが精一杯という代物であり、風雨の中、海をカヌーで渡る事も珍しくなかった。風雨の中で身体全体を濡らしてしまった後は、ユルタと Continue reading “アラスカの聖インノケンティ – Saint Innocent of Alaska (+1879)”

Advertisements