ORTHODOXIE IN ALLER WELT – German

http://italyofmyheart.wordpress.com

http://americaofmyheart.wordpress.com

http://latinamericaofmyheart.wordpress.com

http://edelweissofmyheart.wordpress.com

https://japanofmyheart.wordpress.com

ITALY OF MY HEART

AMERICA OF MY HEART

LATIN AMERICA OF MY HEART

EDELWEISS OF MY HEART

JAPAN OF MY HEART

1507_cosmos_main

Orthodoxie in aller Welt

Die Orthodoxe Kirche in Finnland

 

Die Orthodoxie in Italien

  

Die orthodoxen Gläubigen in Japan bitten uns um unsere Gebete

 

Die orthodoxe Kirche in Japan

 

Die orthodoxe Kirchengemeinde zur Allerheiligsten Dreifaltigkeit in Lima

 

Die Orthodoxe Kirche auf Madagaskar

 

Die Orthodoxe Kirche auf Kuba

DIE ORTHODOXE KIRCHE IN JAPAN – German

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

27o6hi6NuEsRssCt8SdRkL
Japan
FD
Ikone des heiligen Nikolaus von Japan

uh

uuyg
“Vater Unser” in japanischer Sprache

Die orthodoxe Kirche in Japan

http://orthodoxjapan.jp

logo

Die orthodoxe Kirche in Japan ist eine autonome orthodoxe Kirche unter dem Omophorion der russischen Kirche.

Der orthodoxe Glaube gelangte durch den heiligen Nikolaus von Japan (Ivan Dmitrievic Kasatkin 1836 – 1912, im Mönchstand Nikolaj ) in das Reich des Tenno. Im Jahre 1861 war er als Priester in das russische Konsulat in Hakadate auf der japanischen Insel Hokkaidō gekommen. Japan wurde damals durch Militärstatthalter, die Shogune, regiert. Diese hatten, nach ersten christlichen Missionserfolgen durch portugiesische Jesuiten im 16. Jahrhundert, das Bekenntnis zum christlichen Glauben zwischen 1614 und 1873 verboten. Seitdem waren alle japanischen Christen den härtesten Verfolgungen und Repressionen ausgesetzt. Dennoch hielten sich vereinzelte christliche Gemeinden im Untergrund, die mit dem japanischen Begriff Kakure kirishitan (= geheime Christen) bezeichnet wurden. Trotz dieser Situation nahmen auch Japaner an den orthodoxen Gottesdiensten in der Kapelle in Hakadate teil. Im Jahre 1864 wurden dann die ersten Japaner orthodox getauft. Abgesehen von einigen kurzen Besuchen in seiner Heimat blieb der heilige Nikolaus Zeit seines Lebens, so auch während des russisch- japanischen Krieges in den Jahren 1904/ 05 in Japan. Er verbreitete ab 1861 den orthodoxen Glauben im ganzen Land und wurde auch zum ersten Bischof der orthodoxen Kirche in Japan geweiht. 1863 wurde der Bischofsitz von Hkadate in die Hauptstadt Tokio verlegt. Dort wurde dann ab 1884 die Auferstehungskathedrale erbaut, die 1891 geweiht werden konnte. Der heilige Nikolaus war in besonderer und vorbildlicher Weise Hirte seiner wachsenden Herde und von einen stets andauernden missionarischen Eifer erfüllt. 1886 gab es in Japan schon über 10.000 orthodoxe Christen. Auch bei seinen nichtchristlichen Mitbürger genoß er ein hohes Ansehen. So wurde die orthodoxe Kathedrale im Volksmund Nikolai- Do, das heißt „Haus des Nikolaus“, genannt. Der heilige Nikolaus besaß ein gutes Sprachgefühl und erlernte die japanische Sprache auf einem sehr fortgeschrittenen Niveau. So übersetzte das er das Neue Testament, das Fasten Triodion, das Pentekostarion, die Gottesdienste der Festtage, den Psalter und das Buch der kirchlichen Hymnen ins Japanische und schuf so die Grundlage für eine tiefe Verwurzelung seiner Gläubigen im orthodoxen Glauben. 1970 wurde der heilige Nikolaus der Schar der Heiligen beigezählt und wegen seines missionarischen Wirken im Landes der aufgehenden Sonne mit dem Titel des „Apostelgleichen“ ausgezeichnet.

Die autonome orthodoxe Kirche in Japan ist in drei Diözesen gegliedert: Die Erzdiözese von Tokio wird vom Ersthierarchen, dem Metropoliten Daniel (Nushiro) von Tokio und ganz Japan geleitet. Ihm zur Seite stehen die Bischöfe der Diözese von Ost- Japan in Sendai und der Diözese von Westjapan in Kyoto. Es exestiert ein orthodoxes Priesterseminar und ein kleines Mönchskloster in Tokio. In der Tradition des heiligen Nikolaus stehend, gibt die orthodoxe Kirche Japans das Neues Testament und das Buch der Psalmen, sowie viele Bücher für den liturgischen Gebrauch und zur Unterweisung der Gläubigen im orthodoxen Glauben heraus. Am Seminar werden die orthodoxe Kirchenzeitung “Seikyo Jiho” und die Mehrzahl der orthodoxen Bücher herausgegeben und gedruckt. Heute gehören zur orthodoxen Kirche in Japan ca. 30000 Gläubige, das sind etwa 3 % aller japanischen Christen. 30 Priester und fünf Diakone betreuen etwa 150 orthodoxe Gemeinden, von denen sich die meisten auf der Nordinsel Hokaido befinden.

(Quelle: Zusammengestellt mit Hilfe von Informationsmaterial aus dem orthodoxen Internet- Lexikon „OrthodoxWiki“ (www.orthodoxwiki.org) von Thomas Zmija- Horjanyj)

image

Gedenke, o Herr,

Deiner leidenden Diener und Dienerinnen

und errette sie aus jeder Not und Bedrängnis.

Amen.

FS
Die Auferstehungskathedrale in Tokio, Japan
image
Bischof Seraphim von Sendai mit dem Klerus seiner Kathedrale
image
Wo alles begann: die alte russische Kirche in Hakodate auf Hokaido, Japan
D
Die Verkündigungskathedrale in der alten Kaiserstadt Kyoto, Japan

QUELLE:

http://www.orthodoxe-kirche-albstadt.de

http://www.orthodoxe-kirche-albstadt.de/orthodoxie-in-aller-welt/orthodoxe-kirche-in-japan/

ORTHODOXE KIRCHE ALBSTADT

日本 JAPAN – THE GIFT OF SAINT NIKOLAI KASATKIN OF JAPAN (+1912) – THE PLANET OF ORTHODOXY – VIDEO

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

maxresdefault

日本 JAPAN – The Planet of Orthodoxy

The Gift of Saint Nikolai Kasatkin of Japan (+1912)

ORTHODOX CHRISTIANITY IN JAPAN – SAMURAI’S JOURNEY TO ORTHODOXY

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

ok japan jkfi
Japan

pavelsawabe

Father Paul Sawabe

(Former Samurai Takuma Sawabe)

gfgfg
St Nickolas Kasatikin of Japan (+1912)
imgres
Saint Nickolas Kasatkin of Japan, Feast day February 3 (+1912)

Orthodox Christianity in Japan

╰⊰¸¸.•¨*

Samurai’s Journey to Orthodoxy

http://orthodoxyislove.wordpress.com

ORTHODOXY IS LOVE

The son of a samurai and son-in-law of a Shinto priest, Takama Sawabe was a fierce Japanese nationalist. He hated Christianity and all foreign influences in his country. One day he angrily confronted the Orthodox Christian missionary to Japan, a Russian priest-monk named Nicholas (Nicolai). Father Nicholas spoke to him:

“Why are you angry at me?” Fr. Nicholas asked Sawabe.

“All you foreigners must die. You have come here to spy on our country and even worse, you are harming Japan with your preaching,” answered Sawabe.

“But do you know what I preach?”

“No, I don’t,” he answered.

“Then how can you judge, much less condemn something you know nothing about? Is it just to defame something you do not know? First listen to me, and then judge. If what you hear is bad, then throw us out.”

After listening to Father Nicholas and learning about the Orthodox Christian way of life, the nationalist samurai who had once endorsed Shintoism now believed in Jesus Christ and was baptized, becoming the first person to embrace Orthodox Christianity in Japan. At his baptism, he appropriately received the Christian name Paul, after St. Paul, one of the Church’s greatest Apostles who, before his conversion, had used his authority to violently persecute the Christian Church. Paul Sawabe would eventually be ordained an Orthodox Christian priest. You can read about Father Paul (pictured here) in a brief article on the Japanese National Diet Library website dedicated to Portraits of Modern Japanese Historical Figures, which includes another photo, and on Orthodoxwiki.

Father Nicholas, the missionary who taught Paul the Orthodox Christian Faith and baptized him, was later consecrated as bishop and is today known as St. Nicholas of Japan.

According to the the book, Missionaries, Monks, and Martyrs, St. Nicholas worked hard to learn about Japanese language and culture:

*Along with language learning, Nicholas studied the culture and history of Japan. He read their mythology and literature, and learned about Confucianism, Shintoism, and Buddhism. He even attended the sermons of popular Buddhist preachers and public storytellers in hopes of understanding the mind of the Japanese. For close to seven years he continued this intense study. Eventually, he became one of the foremost scholars of the Japanese language and went on to translate service and prayer books, catechism books, and the Scripture, as he waited for opportunities of evangelism to open within the country.

Source:

http://symeonsjournal.blogspot.com

http://symeonsjournal.blogspot.com/2006/08/orthodox-christianity-in-japan.html

FR SYMEON’S JOURNAL

日本の正教会 – ORTHODOX CHURCH OF JAPAN

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

2015424175831304日本

画像-1

日本の正教会

Nikolai_jap.2

日本の聖ニコラス、+1912

正教会の信仰は、天皇の分野で日本の聖ニコラス(修道院のニコライにおけるイワンDmitrievicカサトキン1836年から1912年)を通過した。1861年、彼は北海道日本の島にHakadateのロシア領事館の司祭として来た。日本は軍事知事、将軍によって支配その時だった。彼らは、16世紀ポルトガルのイエズス会による最初のキリスト教の宣教師の成功の後、持っていた 世紀、キリスト教の信仰1614-1873の職業は禁止。それ以来、すべての日本のキリスト教徒は、過酷な迫害と弾圧にさらされた。それにもかかわらず、日本の長期Kakureのキリシタン(=秘密キリスト教徒)によって参照された地下で観測キリスト教のコミュニティを、散乱。このような状況にもかかわらず、日本人はHakadateに礼拝堂正教会サービスに参加しました。1864年、日本初の正統派の洗礼を受けた。離れて彼の家にいくつかの簡単なの訪問から、日本で1904年から1905年に日露戦争時にもそう、彼の人生のセントニコラスだった。これは、全国の1861から正統派の信仰を広め、日本正教会も献堂最初の司教だった。1863年にHkadateの司教は、首都東京に移動しました。そこに、復活大聖堂は1891年に献堂された、1884年に建てられました。セントニコラスは、彼の群れの、常に継続的な宣教師の熱意を成長させる特別な例示的な方法の羊飼いに充填した。1886年に1万人以上の正統派キリスト教徒のために日本にいた。でも、彼の非キリスト教の仲間の市民に、彼は高い評価を楽しんだ。このように、いわゆる「ニコラスの家」を意味広く正教会ニコライ-DO。セントニコラスは、言語のために良い感触を持っていたし、非常に高度なレベルで日本語を勉強。そこで彼は、Triodion、Pentekostarion、季節の礼拝、詩篇と日本への教会の賛美歌の本を空腹時、新約聖書を翻訳し、正統派の信仰の彼の忠実な深いrootednessの基礎を作成しました。1970聖ニコラス聖人の多数はカウントを埋葬し、「対等の使徒」の称号を持つ昇る太陽の国で彼の布教活動のために授与されました。

復活大聖堂·イン·東京

東京で復活大聖堂

 - 正教会·イン·ザ·古い都市京都御所

京都御所市内の正教会

日本での自治正教会は3教区に分かれています。東京大司教区は、東京の第一教主、メトロポリタンダニエル(Nushiro)によって、日本全体で向かっている。彼は仙台東日本教区と京都で西日本の教区の司教によって補助される。それは、正統派の神学校や東京の小さな修道院をexestiert。聖ニコラス立っの伝統では、日本の正教会、新約聖書と詩篇、および多くの本は典礼使用するためのもので、正統派の信仰に忠実を指示する。セミナーでは、正教会の新聞「聖教時報」と正統派の本の大部分は公開され、印刷されます。今日、日本正教会は、すべて日本のキリスト教徒の約3%である約30,000の信者を持っています。北の島、北海道で最もであるそのうちの約150正教会の教会を管理する30司祭と助祭5。

ビショップ·セラフィム·オブ·仙台付き - 聖職者 - 彼の大聖堂

彼の大聖堂の聖職者と仙台司教セラフィム

·オール開始 - - 古いロシアの教会·イン·函館·ツー·北海道

それはすべてが始まった北海道での函館の古いロシア教会

ソース Source:

Wikipedia

生神女マリヤ福音祭 – THE ANNUNCIATION OF VIRGIN MARY

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

57 - 1

生神女マリヤ福音祭 

創造と、人が神様に対し大きな罪を犯してからというもの、神様は救い主イイスス・ハリストス(イエス・キリスト)がこの世に来られることを人間のために準備しておられました。人は大きな罪をおかし、神様御自身が人類を救うために降って行かなければならないだろうと言うことを神様はいつもご存知でした。

人々が救いを受け入れ、主に従って行く用意ができる、その時を神様はまた前もってご存知でした。神様はまた、救い主の母となれる大変清らかで、神様に 従順な女の子が現れる時を前もってご存知でした。

聖なる乙女マリヤは、そうした清らかで神様に仕えるのに 充分 な人でした。

マリヤは、両親のお祈りへのお答えとして生まれました。三才の時、宮に連れて行かれ、神様に差し出されました。その時からずっと、マリヤは神様の家に暮らし、いつも神様にお祈りをするという奉仕の他は何もしませんでした。

マリヤが12才になり、これ以上宮にいられなくなった時も -律法でそのように決められていました- マリヤは、このまま神様にお仕えしたかったのです。でもマリヤに一体何ができたでしょうか? マリヤは、自分自身が、生涯を神様に差し出し、神様に仕えるために、生涯清らかでいることを望みました。だが、その頃はまだ女子修道院 というものは一つもありませんでした。そこで、マリヤも修道女になることはできなかったのです。マリヤは祭司のところへ行き、マリヤが心から望んでいることを話しました。その老祭司は、マリヤが神様を愛していることを聞いて大層喜びました。祭司は神様にお祈りし、神様は祭司に何をしなければならないかお答えになりました。マリヤには一人のごく身近な親戚がいました。多分、伯父さんだったのでしょう。大変年をとった人でイオシフ(ヨセフ)と言う名前でした。イオシフ(ヨセフ)の奥さんは、イオシフ(ヨセフ)がこれから育ててゆかなければならない子供をのこしてすでに死んでいました。

祭司はイオシフ(ヨセフ)に話し、マリヤがイオシフ(ヨセフ)の 許嫁 となれるようにし、そして、イオシフはマリヤを助ける支度をしました。こうしてマリヤは、生涯処女として神様に仕えることができました。同時にマリヤは、お母さんを亡くしたイオシフの子供たちの母親としての役目も果たすことができました。こうしてマリヤはイオシフ(ヨセフ)と結婚し、イオシフの家に向かいました。

神様がお決めになったある時、聖処女マリヤは部屋で神様にお祈りをし、縫い物のお仕事をしていました。と、突然、強い光が部屋を照らし、マリヤの前に一人の輝 いている天使が立っているのが見えました。マリヤはすっかり驚き、糸を下に落とし、明るい光から自分を守ろうとするように手を上げました。

光輝く天使は、マリヤに優しく、愛情をこめて、そしておごそかな声で「マリヤ、聖神に満たされた人、喜びなさい。主はあなたと共にいます。あなたこそすべての女の前で祝福される人です」と言いました。

それを聞いてマリヤはあわて、それ以上に驚いてしまいました。マリヤは思いました。「でも、私は卑しい罪人なのだ。私のことを『聖神に満たされた人』なんて、なぜこの天使は言うのだろう?」

それから天使は、マリヤが救い主の誕生を成させるために、ただ一人選ばれた者であることを告げました。「でも、どうして私に子供が生めましょう」マリヤは答えました。「私は処女ですのに。」

天使はマリヤを安心させました。「聖神があなたのところに来て、一番強い光があなたの上に 輝 くでしょう。」天使はマリヤに、これからマリヤが生もうとしているハリストス(キリスト)は神の子となるであろう、そして、子供が生まれた後になってもマリヤは処女のままでいるだろう、ということを話しました。

天使ガブリイル(ガブリエル)がそれを言うと、マリヤは床にひれ伏して、涙を流して神様にお祈りを始めました。

実に、マリヤのお腹にできた子は、心から神を受け入れ、神様について行こうとする人々を救うために人となられた神でした。私達が聖母マリヤを Theotokos(テオトコス)と呼ぶのはそのためです。テオトコスとは「神を生みし者」(生神女)と言う意味です。

この天使は、マリヤに別の不思議な誕生について告げました。「あなたの身内のエリザベタは一度も子供を生んだこともなく年をとっていますが、今、子供を宿しています。神様はエリザベタとその夫にも、子供が生まれるようになさいました。」この子は先駆者イオアン(洗礼者聖ヨハネ)となった人です。

しっかりとした信仰と謙遜によってマリアは大変すなおに神様のご意志を受け入れました。「私は神様の召使です」とマリヤは言いました。「あなたが言われるようになりますように」

こうして天使ガブリイル(ガブリエル)はマリヤと別れました。後になって、ガブリイルはイオシフ(ヨセフ)のところにも現れ、マリヤが生もうとしている特別な子供のことを告げました。マリヤは喜びに満ちていました。マリヤは今までよりも祈りと 斎 をはじめました。

できるだけ早いうちにマリヤはエリザベタが住んでいるユダヤ地方の町に出掛けて行きました。

主の使いの天使は、すでにエリザベタにはマリヤから生まれる特別の赤ちゃんについて告げていました。それは神ご自身が私達を救うために、小さな子供となって地上に来られる様子です。マリヤがエリザベタの家に入っていくとエリザベタはマリヤに会いに急いで出て来ました。マリヤは「おめでとう、エリザベタ」と親戚の挨拶をしました。その時、エリザベタのお腹の中にいた赤ちゃんのイオアン(ヨハネ)は喜んでおどりました。

エリザベタは「主の母が私のところに来てくれるとは何とすばらしいことでしょ う」と言いました。

マリヤはエリザベタのところで三カ月間暮らし、ナザレに帰りました。イオシフ(ヨセフ)は聖母を今まで以上に尊敬と畏れをもってお世話しました。

ソース Source:

http://www.enromiosini.gr/orthodoxy-multilingual/

100+ ARTICLES ABOUT JAPAN – ORTHODOX CHRISTIANITY

https://japanofmyheart.wordpress.com

JAPAN OF MY HEART

ok japan fkfkfkl
Japan

http://www.pravoslavie.ru/search/?text=Japan

Japan – Orthodox Christianity